ごあいさつ

                           青森県養護教諭会

                            会長 関 美代子

 

 

青森県養護教諭会ホームページ「あおりんご」にアクセスいただきありがとうございます。

新型コロナウイルス感染拡大予防のため、昨年度に続き今年度も定時総会をWeb総会で開催し、例年の案件に加え、会の名称変更という大きな案件についても承認をいただきました。感謝いたします。会員の承認を得て、本会は本総会をもって「青森県養護教諭会」と改称いたしました。

さて、新型コロナウイルス感染症はワクチン接種が始まったものの、終息にはまだほど遠く、各校で新たな課題と日々奮闘していることと察します。それに付随して、児童生徒を取り巻く社会環境や生活環境は急速に変化し、健康課題もますます複雑化多様化しています。しかし、目の前の子どもたちのために、私たちは課題を解決すべく努力を積み重ねていくのみです。そのために本会が会員の皆様に少しでも役に立てるように努めたいと思います。

昨年度はできなかった講演を今年度はホームページを活用し、実施します。先般の総会での講演に続き、秋の研究大会(Web開催)では、感染症学の専門家で学校の感染症対策に詳しい白鴎大学教授の岡田晴恵先生の講演を予定しています。また、7月からは北垣毅先生、桑原規歌先生など、自由に視聴できる無料動画のコーナーを開設し、研修の充実を図ります。少しでも多くの会員が視聴し、職務に役立ててくださることを願っています。

今年度は弘前事務局が2年目となります。これまでと同様に全国の縦のつながりと県内10地区との横のつながりを大切にし、相互に学び合い、高め合える会の運営をめざし、次期八戸事務局にきちんとバトンをつないでいけるように、事務局一同、精一杯努めてまいりたいと思います。

最後に、本会運営にあたり、今後とも皆様の御理解と御支援を賜りますようよろしくお願いいたします。

 

令和3年6月