令和元年度

南地方養護教員会


テーマ

生涯にわたり、心豊かに、たくましく生きる子どもの育成

~健康に生きる力を育むための養護教諭の役割~

研修内容

・4月23日(木) 総会

 

・7月29日(水) 第1回定例研修会(全日)

【講演】「発達障害のグレーゾーン -学校と医療の連携-」

【講師】津軽保健生活協同組合健生病院 小児科医師 安田 すみ江 氏

【会員相互の研修】「校種毎の情報交換」

 

・10月2日(金) 第2回定例研修会(半日)

【会員相互の研修】

○分科会発表に向けて「いざという時のために~現場での自信につながる救命講習~」

○「就学時の健康診断マニュアル改訂に伴って」

 

・1月29日(水) 第3回定例研修会(半日)

【講演】「学校におけるがん教育」

【講師】弘前大学大学院医学研究科 腫瘍内科学講座 教授 佐藤 温 氏

【会員相互の研修】「各地区の活動状況報告」

研修会のようす


◇会誌「みなみ」36号発行

◇会報年3回発行

 

・事業協力

南地方学校保健会の調査、南地方中体連の救護

・予算

○個人負担金/5,800円

○助成金/151,060円(南地方学校教育振興会より)

○全体予算/314,243円

 

・成果と課題

今年度は、外部講師を招いての研修と、会員相互の研修の2本立てで研修会を実施した。

外部講師の研修は、養護教諭の日々の執務に直結した具体的かつ実践的な研修を行うことができた。

また、会員間で情報を提供し合い共有する「会員相互の研修」を継続的に行っていきたい。

今後も、会員の要望を取り入れながら、資質・専門性の向上につながる研修会を実施していきたい。